マドリードの冬の風物詩:栗
チェストナット・マドリッド

寒いマドリッドの冬に手を温めたいと思っていますか?

マドリッドでは、栗の屋台が出てくるのを見ると、秋の到来を実感します。通常は11月に入り、寒くなってきた頃から栗の屋台が出始める。昔の人は手を温めるために栗を買っていました。今では、クリスマスの到来を告げる栗は、イルミネーションに彩られたマドリッドの街を散策していると、なんだか居心地の良い温かさを感じさせてくれます。

カスタネラ」とは、19世紀に始まった女性の交易で、世代から世代へと受け継がれてきました。その地域では有名な女性たちは、伝統的な黒い服を着て、頭にスカーフを巻いていました。今日では、女性と男性が混在していますが、中高年層の女性の姿を見ることができます。

栗はその場で作られていて、2ユーロで12個もの栗が手に入ります。栗の他にも、ほとんどの屋台では、焼き芋やトウモロコシ、お菓子、赤い砂糖をまぶしたリンゴなど、見た目はいいけど食べるのが難しいものを提供しています。

ということは、手が冷たい場合は、途中でやめてもいいということがわかりましたね。 マドリッドの自転車ツアー 栗の屋台で手袋を買うか

トリキシドットコムマドリッドの魅力的な歴史を自転車ツアーで発見しましょう。隠されたコーナーやスポットを探索しながら、街の伝説や物語を聞いてみましょう。ツアーの現地エキスパートガイドからスペインの文化、歴史、政治、伝統について詳しく学びましょう。