BoaMistura - 「これはフィクションを超えた、リアリティに違いない」。
ボアミスチュラ

許すのは早く、感謝するのは遅く」ということです。

あなたのすべての足音は私の翼です」。

マドリッドを歩いていると、通りの十字路に描かれたこのような美しい詩的な詩に出くわすことがあるのをご存知ですか?彼らは、目を覚まし、挑戦し、揺さぶり、疑問を投げかけたいようです。....

"Te comería a versos" - これは、2014年にグループのアーティストが立ち上げたプロジェクトの名前です。 ボア・ミストゥーラ (Good Mix)と呼ばれています。
ここでは、次のようなものがあります。 マップ マドリッドに存在するすべてのフレーズが記されています。

当初は、彼らのフレーズや詩が夜の街に違法に描かれていましたが、あまりにも美しいため、誰も破壊行為とは受け取らず、逆に住民や市議会から好評を得ていました。
その中には、愛について語るものもあれば、既存の言葉に疑問を持ち、その意味を変えるものもあります。
数年後、このフレーズはマドリードの風景の一部となり、より人間的で美しく、反射的なタッチを与えています。
プロジェクトの著者が言うように

"このプロジェクトは、都市を人間らしくするための、アーティストと詩人による愛の行為です" 

ボア・ミストゥーラについてもう少し調べてみると、2001年にマドリッドで生まれたこの学際的なグループは、スペインの首都だけでなく、世界中の多くの都市の他の公共空間にも特徴的なマークを残していることがわかります。彼らは、南アフリカ、ブラジル、メキシコ、アメリカ、ジョージア、アルジェリア、チリなどでプロジェクトを行っています。ドミニカ共和国の海岸にマルチカラーで描かれた52隻のボート、伝統的な女性のヘアスタイルにインスパイアされたハウスペインティング コロンビアの貧しい地域で や、路上生活者が参加してアルジェ市のセルバンテス協会の壁に描かれた「Alegría」の文字などは、ほんの一例です。 ボア・ミストゥラの作品.

マドリッドの人々は、市場で買い物をしている時など、様々な空間で別の顔を持ったアートを楽しんでいる。ここでは、絵は地面ではなく、ファサードに描かれています。そして今回は、とても大きく、明るく、鮮やかな色で描かれています。
市場の一つとして セバダメルカド ラ・ラティーナ地区にあり、ファサードは非常にカラフルで、完全に芸術的に改装されています。

1875年に設立されたこの市場は、象徴的な建物から徒歩10分の距離にあるにもかかわらず、今日までローカルで「バリオ」的な特徴を維持しています。 プラザ市長.

この建物には大きな丸天井があり、改装中の数年間にボア・ミストゥーラのチームが絵を描き、正面の壁には巨大な文字で美しい落書きがあります。"Llena la vida de Color」(人生を色で埋め尽くせ)。まさに、その通りです。
想像してみてください。このプロジェクトには、15人のスタッフ、2,000キロの塗料、1,000時間の作業が必要だったのです。

ご存知でしたか、私たちのプライベート タパス&マーケッツ・バイクツアー には、La Cebadaのマーケットへの訪問も含まれています。
ボア・ミストゥーラの美しい作品を実際に見て、伝統的な市場の雰囲気を感じ、美味しいタパスを味わうことができますので、ぜひご参加ください。

また、このアーティストたちの手書きの文字や色がすぐにわかる近所のマーケットは メルカド・ド・サン・クリストバル 市の北部、クアトロ・トーレス金融街のふもと、ラ・カステリャーナの反対側、コロニア・デ・サン・クリストバルの家並みの間に位置する。

ここでは、壁に巨大な文字で書かれたフレーズがあります。"Life is movement "である。まさにその通りだ。

私たちはこの言葉を真に受けて、自転車でマドリッドを移動し、テトゥアン地区で別の壁画を発見し、学生街でも別の壁画を発見しました...。

陽気で色彩豊かなボア・ミストゥーラの壁画は、私たちの心を揺さぶり、都市をより人間的な空間へと変えていきます。

"The best has been happened and is not yet to be coming...it is happening"。