Cocido madrileño - 内側にウォームアップします。
Cocido madrileño - 内側にウォームアップします。

冬の間にスペインの首都を訪れることを計画している場合は、その美食の最も代表的な料理の一つを試してみるよりも良いものは何ですか:"cocido madrileño"。
体の中から温まり、心が和み、お母さんの家での美味しい食事を思い出すパワフルな一品です。幸せな気分にさせてくれます。

cocido madrileñoは、その主な成分は、ひよこ豆、様々な野菜、肉、ベーコン、いくつかのソーセージであるシチューです。
それは謙虚な起源を持ち、最初は下層階級の人々に食べられていました。それはレストランのメニューの存在のおかげで上流階級に達しました。

マドリッドだけでなく、スペイン全土で主役級の料理です。

スペインの各地域では、この冬の料理の調理法はそれぞれ異なりますが、マドリッドバージョンは、国際的にも最も人気のあるコシドの一つです。
単一の料理ですが、マドリッドや他の地域では、試食メニューのように3つの部分に分けて提供されます。すべての材料が調理された後、以下の順番で別々の皿に盛り付けられます。
二枚目はひよこ豆、野菜、じゃがいも、三枚目は肉

自分でやってみたいという方には、スペイン政府観光局が提案しているレシピの一つです。 コシド・マドリーニョ 」に関するレシピ 

この料理はユダヤ文化に直接関係しているのではないかと言われていますが、その理由はトレス・ブエルコス(3つのコース)でシチューを提供するという不思議な伝統と、じっくりと煮込む技術、そして最後にひよこ豆が入っているからです。

セファルディム(以前はイベリア半島に住んでいたユダヤ人)は、ひよこ豆と子羊のシチュー「ラ・アダフィーナ」をすでに食べていました。

安息日の間は料理をすることが厳しく禁止されていたので、金曜日の夜に土鍋にすべての材料を入れ、火の近くに戦略的に置く習慣がありました。食事の時間になると、内容物を皿に注ぎ、食事をしました。この安息日の仕事を避けるためのチップの効果が、今も続くこの習慣を生み出したのです。

シチューに他の種類の肉を使用することは、「キリスト教」の追加ではなく、「マラノス」(ユダヤ教の改宗者)が、改宗を証明し、異端審問所との問題を避けるために、チョリソー、ベーコン、そして何よりも、黒いプリンを導入し始めたと考えられています。

この料理技術の人気は、レコンキスタの間に領土全体に広がっており、cocido(シチュー)のいくつかの亜種を残しました。最もよく知られているのは、食材の豊富さと多様性で有名なOlla podridaです。この料理は、17世紀から18世紀にかけていくつかの文献で紹介されているほど人気があり、中でもサンチョ・パンサは小説「ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ」の中でこの料理について言及しています...現在私たちが知っているコシドのルーツは、ユダヤ人のアダフィーナかカスティーリャ人のオッラ・ポドリダにあります。

この絶妙なシチューが食べられる場所を知りたくないですか?今のところ、この秘密は明かさない... Trixi.comでは自転車ツアーやレンタルバイクをお勧めしています。

それまでは、歌手のペペ・ブランコ(1911-1981)が "Cocidito Madrileño "に捧げたスペインの伝統的な歌をお楽しみください。もし特別な歌があるなら、このレシピがスペイン文化にとってどれほど重要か想像してみてください。

 

コシド・マドリーニョ
« 2 »